×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アジアのトップスターごんちゃんのもんまり動画天国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.甲状腺
2.島田荘司
3.時効警察
4.JACKROSE
5.桜井センリ
6.Promised Love
7.無料着メロ
8.電波人間タックル
9.LILT
10.とうがらし

魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ(4) (ガンガンコミックスONLINE) ダンジョン最凶の魔物を退けた一行。
しかしダンジョン脱出の後、突如キタキタおやじが灰に!?

キタキタ第4巻は、一気にラスボス・ガガルとの対決へと突入。
バトルシーンの多い本巻、様々な敵キャラクターも見どころの一つです。

インストール スタンダード・エディション [DVD] 女優としての上戸彩っていうと『あずみ』で太腿出していたり、CA役でキャぴついてる印象とかが強くて好きじゃない、というかむしろ積極的に「嫌い」の範疇に入る女優だったんだけど、いまさら約4年も前の作品を見て印象が変わった。
というか、本来『金八先生』では性同一性障害、『高校教師』では境界性人格障害、といったように内面まで含めた高度な演技力が要求される役を十分にこなし、自分もそれらをちゃんと見ていたはずなのに、『あずみ』とCAのイメージがあまりに強くなって彼女に負のバイアスがかかり過ぎていたことに気がついた。
私に「嫌い」とのイメージを十分に植え付けるだけの「演技力」、それこそが女優・上戸彩の実力の高さを裏付けるものなのかもしれない。

かわいそうだね? デビュー作も芥川賞受賞作も、私にとっての魅力は
未成熟な(だけど賢い)女の子の、心の行間を書いている
ということでした。

叫び未満で渦巻いている苦しいモヤモヤに、分かり易く名前を付けて切り捨て
社会性という仮面をかぶり まだ幼いままの自分をどこかに封印する…
ということがなかなか出来ずに苦しむ人の、
名も無き苦しみを手にとって眺められるようでした。

作品が経済の一部になってしまうと、もう作品は
自分だけのものではありません。
純粋な私小説や日記みたいな内容は許されなくなるので、
公な作品を書こうと四苦八苦されてきたことと思います。

この小説は、いくら話しても分かってもらえぬモヤモヤと、
作者が決別した作品のように思います。
その証拠に、「分かりやすい」でしょう。読む人を選ばない。。

読み物としてはとてもよく出来ていると思います。
起承転結まとまっているし、人物描写もちゃんとしてるし

ただこの作品は読み捨てですね。魂がないから。

それは表現を仕事にする人なら 誰もが通る道ですが…
同世代の作家と比べて、「職業作家」になるのが遅く
闇に言葉を与えようと努力されていたのが綿矢さんのような
気がするので、ほんの少し!残念です。

余談ですがこの作者は、毎回絶対インテリおたくみたいな男が
出てきますね。しかも描写が細かい。
もうこれは作者の好みとしか言いようがないのでは…


☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!