×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大友つむじ風む~ちゃんのめきめき雑記帖

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.nonnative
2.花組対戦コラムス
3.京都大学
4.ランキング
5.上総
6.代々木
7.時刻表
8.暗号
9.中越典子
10.サン・ジャックへの道

太陽 音楽好きな人たちの中に起こる議論の一つに「1stアルバムか、2ndアルバムか」というものがある。
例えばオアシス然り、ウィーザー然り。日本で言えば小沢健二なんかがその議論の対象となるであろう(まあ、小沢健二はアルバム自体が非常に少ないアーティストではあるが)。

中村一義もその系譜に入る一人ではないかと思う。「金字塔」か、「太陽」か。人それぞれ好みは異なるし、結局は両方選んでしまう、という人も数多くいると思われるが、個人的には散々悩んだ挙句、この「太陽」を選んでしまう。

「金字塔」との比較について、私は次のように解釈している。

「金字塔」は長い間『他者との関係』を絶ってきた青年が、少しずつその関係を見つめなおしながら「感情が全ての人たちに降り注ぎますように」という慈愛に満ちた決意に至るまでの過程を描いたアルバム。

そして、「太陽」は「金字塔」で決意した『他者との関係』を築こうとして、傷つき、悲しむことがありながらも、自分にとって本当に大切な『他者(これはやはり早苗さんのことではないかと邪推してしまう)との出会い』に至るまでの過程を描いたアルバムであると。

『他者との関係』を築くのは本当に困難である。どうしてこうならないんだろう、とか、何故そんなことを言うんだろう、とか。いつもすれ違いや傷つけあいの連続だ。このアルバムにもそういう場面を切り取った影響からか、揺れ動く感情を描いた曲が多く、とっちらかった印象を抱く人もいるかもしれない(だからこそ誠実なアルバムだと言える)。

しかし、それでも「人を笑わせんのも、泣かせんのも、人」でしかないのだ。生まれた環境も、育ってきた状況も、会ってきた人たちも、それまでの経験も、全て異なる人たちの摩擦でこの世界は動いている。楽しいことばかりではないだろうし、傷つき悲しむこともあるだろう。

その中で、何かを分かち合える『君』に出会えた。こんなに素晴らしいことはない。だから「みんなを待つ誰かや、みんなを待つ誰かも…、出会えるといいな」と中村一義は歌うのだ。

そう、人生と言う名の、世界という名の「列車は走るんだ」。そして、『他者』と出会うことで「生きている」実感を掴んで欲しい。このアルバムを通して、中村一義はそう言っているように聞こえてならない。真の愛に溢れたアルバムである。

ネイキッド [VHS] 「レイプ魔を、スタイリッシュな映像美でリアルに描くセックス・バイオレンス」???
バカも休み休み言え!お前はそんな売り方をするのか!失礼にもほどがある!
マイク・リーが泣くぞ!

望まずもタナトスに突き動かされる青年が出会う、社会に居場所を見つけられずに彷徨う人々。絶望の底の底。
現代批評的かつ、とてつもなくナイーブな映画。


東レ 浄水器 トレビーノ カセッティシリーズ 交換用カートリッジ 13項目除去コンパクトサイズ 2個入り MKC.MX2J トレビーノカートリッジが何種類かありますが、一番浄水効果が高いXJシリーズを購入しています。浄水効果の違いもわかりませんので、何種類もある必要性はないのではと思います。このタイプ1種類を量産してもっと安くしてもらえればと思います。(本体も高いので、どっちか安くするべきでは?)




☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!